FC2ブログ
実習生の声
響会で運営する施設サービス・在宅サービスへ実習にいらした 実習生さん達の声を掲載しています。 頂戴致しましたご意見、ご要望につきましては 随時検討させて頂き、改善致してまいります。

教職介護等体験 ≪ 工学院大学 ≫

初めての体験だったので、不安や心配などもありましたが
スタッフの方々や、利用者の方々に、とても親切にして
いただき、無事に5日間終えることができました。
ありがとうございました。何も知らない外部からの実習生
である私に対し、 ” あなたと会えて嬉しい ” と声をかけて
くれた方、教員を目指していますと伝えると ” 必ずなれるよ
頑張ってね ” と言ってくれた方、戦争のお話をしてくれた方
など 全てが私の想像以上で、とても優しく、親切で、本当に
心の支えでした。不安だったはずのこの5日間は、いつの
まにか自ら ” 寄り添いたい ” ” もっと お話したい ”
という気持ちへと変わっていました。
この体験は、今後私が生活していく中での宝物になった
と思っています。
このような貴重な体験をさせて下さり、本当にありがとう
ございました。

 


スポンサーサイト



教職介護等体験 ≪ 工学院大学 ≫

 5日間受け入れて下さりありがとうございました。
私は体験生として学ばせていただきました。当初は
教育の分野の部分と何の関係があるのか、疑問を
持ちながら進めていきましたが、日を重ねていく
うちに 様々なことが関係していることに気づく
ことができました。
 一番印象に残ったこととしては、利用者との
コミュニケーション時の対応です。この施設に関
わらず、様々な人間がおり、1人1人のバック
グラウンドは同じということはありません。
したがってコミュニケーションを取る時の言葉、
表情、態度に決まった形であるテンプレートは
存在しません。それは特に高齢者の方や環境に
よって左右されやすい子供には、大きくあて
はまると言えます。そのバックグラウンドを
理解しつつコミュニケーションを取ることに
よってその人同士の信頼関係が築かれていく
ものだと知ることができました。
 また、職員の方々は、利用者様の日常を壊さない
ように心がけているとも話してくれました。
『 施設だから 』という理由で、利用者の日常を
変えてしまわないように、常に『 自分ならどう
されたいのか 』 と、利用者の気持ちとなって
考えて行動することも大切だと教えていただき
これも教育においての生徒とのコミュニケーション
で、相手の気持ちになって考えることが通じている
と感じさせられました。
とても有意義な体験をさえていただきました。
本当にありがとうございました。

教職介護等体験 ≪ 駒澤大学 ≫

体験の初日は、利用者の方々に受け入れてもらえるか
職員の方に ご迷惑をかけないかどうかなど不安と心配で
いっぱいでした。でもその心配を払拭するかのように利用者
の方々も優しく受け入れてくれたし、職員の方も丁寧に説明や
アドバイスして下さったので、とても良い体験ができました。
日を重ねていくうちに 利用者の方々が自分のことをしっかり
と覚えてくれる方も増えていくのはとてもうれしいことでした。
また、利用者の方々をお迎えに上がれたのは貴重な体験
でした。
ご家族の方とのコミュニケーションを重要視していることも
わかったし 利用者の方を第一に考えながらも細かい所
まで気を配っているんだなと感じました。
この誰にも気を配るというのは教育現場にも活用のできる
能力です。この能力をまだ身につけていないと僕は感じて
いるので この5日間の体験で得た経験を用いて、この
能力をつちかいたいと思っています。
貴重な体験をすることができました。
5日間ありがとうございました。

介護職員実務者研修

見せていただけるところは嫌な顔ひとつせず 全てを見せて
いただきました。おかげさまで生の現場 『 生きている 』 
方を相手にケアする難しさを学ばせていただきました。
麻痺ありといっても、拘縮の有無や強弱、認知症といっても、
ひとりひとり度合いが違うことなど、講義で聞いてはいたものの
いざ、目の前にすると、ほんとうにひとりひとり違ったケアが
必要なのだ。違っていてあたりまえなのだと肌で感じることが
できました。
また、利用者個々の自立支援のため、会議などで立場が上も
下も関係なく意見を出しあい、徹底している姿は大変勉強に
なりました。私もこういうチームワークや利用者のための介護
を目指すという目標になった4日間でした。
ありがとうございました。


  ~*    *    *    *    *    


研修の実施など、他業種間との連携がなされていること
職員間での連絡・報告・相談などがなされていることなど
利用者さんに対するケアやリスクマネジメントの充実など
が感じられ、大変に学習することができました。
ショートステイの方の退居や新入居者の入居、ご自宅
への一時帰宅からの戻り、利用者のお見送りなど
施設が利用者さんや そのご家族にとって生活を
支える大きな存在であることを身近に学ばさせて
いただけました。
今後も、施設で学ばせていただいたことを糧にして
さらに学習を深めてまいりたいと思っています。
お忙しいなかで、ご指導してくださり
ありがとうございました。

訪問ありがとうございます。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

実習生さん

Author:実習生さん
東京都大田区にある特別養護老人ホーム好日苑が運営するブログです。

特別養護老人ホーム好日苑では
従来型80床
ユニット型50床

ショートステイ
従来型17床
ユニット型10床  を運営しています。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク