FC2ブログ
実習生の声
響会で運営する施設サービス・在宅サービスへ実習にいらした 実習生さん達の声を掲載しています。 頂戴致しましたご意見、ご要望につきましては 随時検討させて頂き、改善致してまいります。

歯科医師実習 《 昭和大学歯科 》

【  アンケート抜粋  】

  ・口が上手に開けない方に対して、どのような口腔ケアを
    するべきかが 分かりました。
    また、寝たきりの方にも あいさつやケア中の声掛けを
     忘れないようにすることが大切だと知りました。

    ・一番悩んだのは コミュニケーションの方法についてでした
     認知能力が低下している方だと コミュニケーションが難しいです。
     その場合は、無理せず そばにいるだけでも安心してもらえると
     いう話を前回うかがって、今回は緊張せず、無理して話しかけず
     様子をうかがいながら対応することができました。

    ・口を開いてもらうという工程ができず、自分で口に指を入れて
     口を開けさせるのが 難しかったです。
     また、説明の時に終末期の利用者さんの事を聞いて
     ここで働く人達に 尊敬の念を抱きました。人生の最期を
     看取るという仕事は、難しい仕事だと思いました。

    ・コミュニケションが取れても 口腔ケアは難しい。
     胃ろうの方は より難しかった。
     手順や判断がうまくできなかった
     次回に生かしたい。


  
スポンサーサイト

歯科医師実習 《 昭和大学歯科 》

 【  アンケート抜粋  】


・利用者さんが 身につけていた 帽子や いすに付けてある鈴、
 とろみのついた食事や その利用者さんに合った食器など、
 個々に対するケアの仕方を学ばせていただきました。

・施設の方の利用者さんに対する態度を見て
 利用者さんに寄り添って お話をすることで より良い
 コミュニケーションをとることができることを学ぶことが
 できました。
 大きな声で話すこと、ゆっくり話すこと、話をうなずき
 ながら聞いてあげることの大切さを 学ぶことができました。
 声を聞きとれなかったりする方とのコミュニケーションを
 施設の方は普通にしていて 利用者さんも楽しそうに
 話していて すごいな と思いました

・コミュニケーションには、言語だけではなく、非言語的な
 ものもあり そのようなことを理解することが大切だと
 実感することができた。

・口腔ケアで改善すべき点は まだ抵抗があって口が完全に
 開いてなかったことと 頬や身体をタッチすることで
 他人から歯ブラシで磨かれる不安をやわらげることが
 できると学んだ。

・口腔ケア実習を 学外で初めてやりました。思った以上に
 難しく感じられました。口腔ケアの技術だけを 身につける
 のではなく 声をかけたり触れたりして 非言語的
 コミュニケーションを取れるようになることも大事
 だということが分かりました

・耳の近くで話すことであったり、入居者の方を安心させる
 ようにしていくことが重要であると感じた。
 また、コミュニケーションを取ることも口腔ケアをする際に
 すごく重要であると感じた。
 

訪問ありがとうございます。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

実習生さん

Author:実習生さん
東京都大田区にある特別養護老人ホーム好日苑が運営するブログです。

特別養護老人ホーム好日苑では
従来型80床
ユニット型50床

ショートステイ
従来型17床
ユニット型10床  を運営しています。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク