実習生の声
響会で運営する施設サービス・在宅サービスへ実習にいらした 実習生さん達の声を掲載しています。 頂戴致しましたご意見、ご要望につきましては 随時検討させて頂き、改善致してまいります。

社会福祉士実習《十文字学園女子大学》

定期的な面談、実習記録の書き方、1日1日の目標を担当の職員に伝える事で
自分の意識を再確認する事が出来、とても実りのある実習だったと感じます。
特に実習日誌もくわしく指導される事でより、自己覚知を深める事が出来たと
思います。
技術や利用者様1人1人の事について懇切丁寧に教えてくださった方がたくさん
いました。また、優しいだけでなく、あえて厳しく接する事で、自己に気づかせて
頂く事も出来ました。利用者の方を下の名前で親しげに呼んでいる所にうらやま
しいなと感じました。将来は現場に就きたいなと思っているので、職員さんの様
に利用者の方と信頼関係を築いていきたいなと感じました。
スポンサーサイト

社会福祉士実習《日本社会事業大学》

デイサービスを初めて経験し、まず感じたことは時間、食事、レクリエーションと
スケジュールが組まれていることにより、上手く1日の時間が回っていると
いうことであった。
利用者さんとの会話でも『楽しみにしている』という声も聞けた。
スケジュールが組まれ、スムースに展開していくことで、利用者さんにも
分かりやすく安心して楽しめるプログラムになっている事が利用者さんの
声にも表れているのではと思った。
歩き出してしまう利用者さんや他の利用者さんの好きな事を職員の方が
把握し対応している姿は、学ばせてもらっている私にとっては良い刺激ともなった。
利用者さんの性格や行動など個性に合ったコミュニケーションの取り方などは
今後、自分も見習いたい点である。また、レクリエーションの進行において、
司会・進行役並びにその他の職員が一体となって楽しい雰囲気を作って
いたことも見習いたい点であった。

テーマ:通信教育・通信講座 - ジャンル:学校・教育

介護福祉士実習《蒲田女子高等学校》

 私はこの5日間の実習で、もっと学ばないと駄目なんだと実感することが
沢山あると気づきました。
 利用者さんと職員さんのコミュニケーションは、慣れもあるけれど、1人
1人の利用者さん・職員さんがフロアの中で家族のような雰囲気がありました。
私もその1人になりたかったけれど、声かけという壁にぶつかりました。それを
乗り越える事が出きれば一歩は近づくことが出来るんだと思っているんですが、
なかなか積極的に行けませんでした。声かけが1番の壁なので、少しは自分を出そう
と思いました。今後の実習では壁を越えようと思います。
 授業では実際に行わない入浴介助をしました。1つ1つの作業がとても大変でした。
着脱の時、体が動かしづらくて服が変な形に脱いだり、丸まった状態のまま着せて
しまったりと、利用者さんに不快な気持ちにさせてしまったのが悔しかったです。
 今回の実習では、利用者さんに不慣れな私しか見せる事が出来なかったので、
少し残念ですが、次はこの経験を生かして取り組みたいです。
 最初は長いと感じていた実習も、5日間やってしまうとやっぱり短いと感じました。
 今回の実習では、利用者さんに名前を覚えてもらい、最後には『また来てね』と
言われたので、とても嬉しかったです。これは、1番の思い出になりました。

訪問ありがとうございます。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

実習生さん

Author:実習生さん
東京都大田区にある特別養護老人ホーム好日苑が運営するブログです。

特別養護老人ホーム好日苑では
従来型80床
ユニット型50床

ショートステイ
従来型17床
ユニット型10床  を運営しています。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク