実習生の声
響会で運営する施設サービス・在宅サービスへ実習にいらした 実習生さん達の声を掲載しています。 頂戴致しましたご意見、ご要望につきましては 随時検討させて頂き、改善致してまいります。

社会福祉士実習《駒沢大学》

・設定している課題をめぐって、各職種を経験させていただくところが良かったと思います。
・職員の方々は丁寧に指導して、たくさんの事を教えていただきました。毎日忙しい中でも、もっとこうしたら良くなるということを細かく教えていただいて、本当にありがとうございます。職員の方々から「心の暖かさ」はどういうものなのかを学びました。
・職員の方々と利用者の方々のつながりを見ていると、本当に信頼関係が築かれていると感じました。そして、個々の利用者の方の状態を把握していて、私が何も感じないことでも、普段少し状態がおかしいと気がつき対応しているのには、本当に驚きました。これも、普段からコミュニケーションを欠かさず、職員の方々が日々丁寧な介護を心掛けているからだと感じました。
・普段学ぶことの出来ない様々な経験をすることができました。この実習において、特別養護老人ホームは利用者の方にとって「生活の場」であるということを強く感じました。一人ひとりの生活の場であるとともに集団生活の場でもある特別養護老人ホームは人間関係などのトラブルが起きやすいですが、それぞれのニーズを聞き、利用者が安心して生活できる場を提供しようとしている職員の努力を実習の中で多く見ることが出来ました。

------------------------------------------------------------------------------

・私が積極性が足りなかったからかもしれませんが、もう少し実習中に指示が欲しかった。
・最初はあいさつしてもしてくれない時があって悲しかった。
・私が実習を頑張ってこられたのは、多くのご利用者様たちのおかげです。そう言いきれます。実習が始まった当初は、やはり不安で一杯で憂鬱でした。しかし、施設に行くと実習生の私を温かく受け入れてくれるご利用者の方々がおり、ご利用者様の笑顔を見て、実習頑張ろうという気持ちになりました。多くのご利用者様から優しい言葉をかけてもらったりと本当にご利用者様に助けられた実習でした。
 また、実習をやって感じたことは、積極的に行動しなければ何も学べないという事です。自分が実習で何を学びたいのかを明確にし、しっかりと職員の方に伝えることが大切だとわかりました。そして、ご利用者様との信頼関係の構築だけではなく、職員の方々との信頼関係が築けなかったように思います。きっと、職員の方々は指導しづらかったと思います。それでも、私の実習がいい実習になるようにお忙しい中、ご指導してくださったことに心より感謝しています。
実習当初は、実習が長く感じましたが、気付いたら終わっていました。長かったような短かったような、そんな実習でした。早く実習が終わって欲しいと思っていた私ですが、明日からもうご利用者様に会えないと思うととても寂しいです。実習ではいろいろなことを監事、学ぶことができました。お忙しい中ご指導してくださった職員の方々、そしていつも笑顔で温かく受け入れてくださったご利用者の皆様、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

訪問ありがとうございます。

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

実習生さん

Author:実習生さん
東京都大田区にある特別養護老人ホーム好日苑が運営するブログです。

特別養護老人ホーム好日苑では
従来型80床
ユニット型50床

ショートステイ
従来型17床
ユニット型10床  を運営しています。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

リンク